日本初!マイクロブタカフェ“mipig cafe”(後編)

創業者の願いは「マイクロブタがペットとして愛される存在になること」

前回に引き続き、mipig cafeについてレポートします!
マイクロブタカフェを目黒にオープンした経緯を取材しました。


動物が大好きな創業者の皆川さんは、「日本でマイクロブタさんを飼いたい」という想いから、イギリスへ足を運びました。イギリスでは放牧スタイルで、ブタさんがのびのび暮らしている光景を目の当たりにし、日本でも同じスタイルでマイクロブタファームを作りたいと考え、クラウドファンディングを実施。その結果、イギリスからマイクロブタさんを輸入することが出来ました。
当初、山梨県のファームで、一般の方とのふれあいも考えていましたが、昨年9月岐阜県で豚コレラの問題が発生。ファームでの多数の人の出入りはブタさんにとって危険な状況となってしまいました。
しかし、クラウドファンディング等による市場調査で、ブタさんたちとふれあうニーズがたくさんあったことを踏まえ、ブタさんたちとふれあえる場所としてmipig cafeが今年3月目黒にオープンしたのです。



カフェの地に目黒を選んだのは、ワンちゃんを飼っている人が多いから。
今後日本でも、マイクロブタさんが家族の一員として癒しを与え愛されるペットになることを願い、動物病院やトリミングショップ、ペットショップも多く、動物との親和性が高いまちである目黒を選んだそうです。

3階にはマイクロブタさんを家族としてお迎えしたい方向けの相談コーナーも設けられています。


ペットとしての歴史が浅いマイクロブタさんが、家族の一員として安全安心に暮らしていけるよう、スタッフさんが飼育環境や滞在時間等をしっかりと購入希望者の方とお話をしてから、引き渡し・サポート活動を行っています。
海外では、マイクロブタさんより一回り大きいミニブタさんを、マイクロブタさんと詐称して売る、悪質なブリーダーの出現や飼育放棄をする飼い主の出現が社会問題視されています。そういったことを防ぐために、mipigでは去勢・避妊手術の徹底、購入希望者の選定、マイクロチップの導入、アフターサポートを行い、受け渡しをするそうです。

ブタさんたちはとってもきれい好きで賢く、トイレの場所もきちんと覚えます。
また、犬や猫に比べて長い体毛で覆われていないのでアレルギーを起こしにくく、抜け毛も少ないので、これまでアレルギーでペットを諦めていた方にもおすすめとのことです。




カフェの利用料金は最初の30分は800円(税別)。
以降30分ごとに500円(税別)、別途ワンドリンク制というシステム。

広尾にある名店イノベーティブ・フュージョン「長谷川稔」監修のチーズケーキも人気の理由の一つです。
帰る際、スタッフさんが私からブタさんたちを引きはがさないと私は動けないほど、ブタさんたちは初対面の私にも人懐っこく接してくれました。
近い将来、ブタさんたちがペットとして、わたしたちの生活に溶け込み、癒しを与え愛される存在になるかもしれません。
みなさんも一度ブタさんたちに会いに行けば、その純粋な愛らしさのトリコになることでしょう。
事前予約制になります。ご予約を忘れずに!(mipigcafe homepage
オフィシャルブログもスタート!(‘おかプリ’オフィシャルブログ




店名   mipig cafe(マイピッグ・カフェ)
住所   東京都目黒区目黒4-11-3
アクセス JR目黒駅より徒歩15分。東急バス元競馬場前バス停で下車後すぐ。
時間   10:00~20:00(事前予約制)