旧前田家本邸(洋館・和館)のご紹介

歴史 目黒区立公園の中で、2番目の面積を持つ駒場公園は加賀百万石(今の石川県・富山県)の当主だった旧前田家の前田利為侯爵駒場邸跡です。

前田侯爵がこの地に邸宅をかまえたのは昭和の初めの事。明治11年設立以来、近代農業に輝かしい業績を残した駒場農学校(後の東京帝国大学農学部)が本郷に移転した跡地を第一高等学校(現在の東京大学教養学部)、東京農業教育専門学校(後の東京教育大学農学部・現在の筑波大学)と共に分割使用したものです。

建物は、昭和初期の和洋両建築の粋を集めたもので、化粧レンガやタイル張りの施された洋館は昭和4年、書院造りの和館は昭和5年に完成し、自然の巨木をいかし、名石をあしらった幽邃な奥庭や、芝生の広場が設けられました。和館は、侯爵がロンドン駐在武官であったことから外人客接待用に建てたとも言われています。

華々しい社交の場となったこの優美な豪邸も、第二次大戦中の前田侯爵の不虜の死の後私人の手に渡り、終戦と共に占領軍に接収されました。

昭和32年10月に接収が解除され、再度民間の所有となっていた大部分の敷地は、国が買い取るまでの12年間は連合軍司令官の官邸などとして使われました。

現在の公園は、昭和42年に東京都が公園として開園したもので、昭和50年4月から目黒区に移管されました。

なお、和館は現在一階部分が一般に開放されていて、玄関から二の間、一の間(表座敷)と続く広間や重厚な床の間、違い棚、付書院、欄間の透かし彫りなどを備えた美しい造りを昔のままに見ることができます。

また、水屋、寄付、待合所を備えた茶室・和室も有料施設として利用いただけます。縁側からは、マツやモミジなどの樹木、流れのある池、芝や石の配置が見事に調和した庭園が望め、落ち着いた雰囲気を味わうことが出来るでしょう。

また、旧前田家本邸洋館も、水曜日から日曜日に一般公開され、さらに和館北側には校倉造風の日本近代文学館が設置されており、近代文学に関する資料が閲覧できます。

平成25年8月7日には、洋館・和館をはじめとする建造物や一帯の土地が昭和初期の貴族の生活像が表現されたものとして価値が高いと評価され、国の重要文化財「旧前田家本邸」として指定されました。

開園時間と休園日のご案内

午前9時〜午後4時30分(和館は午後4時)

【休園日】
毎週月曜日、ただし月曜日が祝日の場合は、その翌日。
年末年始は12月29日〜1月3日

旧前田家本邸(和館)音声ガイド利用方法

館内には、下図に示した8つの解説ポイントがあり、解説ポイントごとに設置されたQRコードを読み取ると、その場所に関する詳しい説明が音声でお楽しみ頂けます。

和館 1階平面図

和館 2階平面図

各案内場所のご紹介

1. 和館概要

2. 一階 御客間・御次の間のガイド

3. 階段踊り場

4. お居間

5. 丸窓

6. 庭

7. 庭(一階)

8. 茶室